価値発生の原則

Posted on 2012年3月6日

価値を生み出すためにはどのような事が必要か、価値生成の方法論についてまとめる。

価値を生み出す原理原則

  1. 環境、文化、思想、時代、人間欲求、人間行動を理解し、現状の問題を定義する。
  2. 定義した問題を、積み重ねた知識、経験、センス、テクノロジーで解決し、現状よりも良い代替案(より良いオファー)を提示することで、価値を提供する。
  3. 常に、何かを置き換える。「今より良くなるように、置き換える」事を意識する。
  4. 価値発生は「選ばれること」から始まる。選ばれるためには、独自性を持つことが重要。
  5. 最もシンプルな価値とは「独自性」。なぜなら、独自性を持つものは、それだけで選ばれる理由になるから。
  6. 価値設計時は、「どうすればユニークになるか」に主眼を。独創性が求められる。
  7. 独自性を生み出すものは、創造性。
  8. 更には「独自性のある関係性」がより価値を生み出す。独自性のある関係性を探し続ける。

価値を生み出すメカニズム

  1. 特定のジャンルを決めて、「人が価値を感じるもの、興味を持つもの」を創る。
  2. それに興味がある人が、集まる。
  3. 人が集まっているので、商品を提示すればパレートの法則に従い20%の人にモノが売れる。
  4. 売上が発生する。

価値を生む場所と機会

  • 価値の偏在性をみつける」こと。歪み、偏り、過剰、不足、暴騰、暴落 がキーワード。
  • 自分の価値、自分が当たり前のように持っているモノの価値は、「常に自分の外と下にある」。

価値を伝えるためには

  • 「わかりやすい価値」を伝える。「わかりやすく」価値を伝える。
  • 他の人にとって「わかりやすい価値」とは何か?
    1. 「見えないもの」を「見える」ようにする。
    2. 「触れないもの」を「触れる」ようにする。
    3. 「すぐに効果がでないもの」を「すぐに効果が出る」ようにする。
    4. 「メリットがわかりづらいもの」を、「メリットをわかりやすく」する。
    5. 「1度しか使えないもの」を「何度も使える」ようにする。
    6. 「難しいもの」を「簡単に」する。
    7. 「手間がかかるもの」を「手間入らず」にする。
    8. 「メンドクサイもの」を「すぐにできる」ようにする。
    9. 買った後どうなるかを想像できるようにする。「これならいける!」と信じられるイメージを創ってあげなきゃいけない。
    10. 「お得」にする。

最も価値のあるモノとは何か?

  • 人間の時間こそ、最も価値のあるモノ。
  • 結局は、ある人の今の時間が「楽しいか、楽しくないか」ということ。
  • 相手、利用者が「どういう欲求を持っているか」を知るのが価値の源泉。価値ある人工物とは、価値交換を通じて、人の欲求を満たすように設計されていなければならない。

このエントリに関連している情報の一覧

Be the first to leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>